› 電話占いの主な利用の流れ

Tel Ranking

電話占いの主な利用の流れ|Tel Ranking ― 電話占い口コミ・総合ランキング

《 5月28日 更新 》
占い師人気ランキング

  1. ピュアリ

    神女先生

  2. ウィル

    天河りんご先生

  3. ピュアリ

    京子先生

- 電話占いの主な利用の流れ - Tel Ranking ― 電話占い口コミ・総合ランキング

初めての電話占いってちょっと緊張してしまいますよね!このページでは電話占いサイトの一般的な利用の流れを豆知識も加えてご説明いたします。

電話占いの利用の流れ

端的に書くと、

  • 1. 電話占いサイトに登録

  • 2. 占い師を選ぶ

  • 3. 鑑定

  • ¥. 料金の支払いは、前払いなら1から3の間、後払いなら鑑定後に支払います。

という感じで、この流れはどこの電話占いサイトでもほとんど同じです。

電話占いサイトによって違う箇所があるとすれば、占い師が待機するスケジュールの確認の仕方、料金を払うタイミング、あと鑑定までに受付に電話する必要があるかないか、などなど細かい部分や、電話占いサイトが“独自の特色”を出している部分です。

登録と支払い方法の指定

電話占いを利用する場合、まず初めにサイトに登録しなくてはいけませんが、電話占いサイトに登録する際は、鑑定の際に使う電話番号と支払いの為に使う情報が必要になります。

この他にも登録に必要な情報があり、しかもサイトによって必要な情報に違いがあるのですが、メールアドレスが必要な所もあれば、住所まで必要になる場合があったり、はたまたyahooIDやプロバイダー等のIDがあればそれだけで事足りる場合があったりと、かなりバラバラです。しかし基本的に必要なのは、本人確認が出来る情報です。なので、登録時に必要な情報がメールアドレスと電話番号だけでも、後で支払い方法を決める時にクレジット番号や支払用紙を送付する住所などが必要になることがあります。

登録時に鑑定依頼もしくは予約、会員登録、支払い方法の指定など「あとは鑑定だけ」という、雑多な手続きを最初の段階で全て済ませるシステムを採用しているサイトもあるので、「いきなり住所教えなきゃいけないの?」と思わないようにした方が良いでしょう。でも不安ならプライバシーマークや個人情報についての記載を細かく確認しましょう。

占い師選び

登録の手続きが終わったら、次は占い師選びです。

予め鑑定を受けたいと思う占い師が決まっていない場合、占い師の選び方は人によって様々ですし相談内容によっても変わってくると思います。

占い師のプロフィールページにある情報は「占い師名」「プロフィール写真」「使用する占術」「対応ができる相談内容」がよく使われる基本の形です。次いで占い歴・鑑定歴、性別。そして、サイトの方針によって違いますが、占い師が自分で作成したプロフィール文章、サイトのスタッフが作成した紹介文、占い師への口コミレビュー。ちなみに、占い歴・鑑定歴については、“占い”に初めて触れた時からなのか、プロとしての活動なのか、ほとんどの場合が“あやふや”です。経験に勝るモノはない…のですが、新人でも実力を備えている場合がありますし、鑑定歴ではその占い師を判断することはできないと考えているところがほとんどなのだと思います。性別についても同じで、性別で鑑定の“結果”に差が出ることは無いと考えた方が良いかもしれません。しかし、鑑定結果を伝える時、男性か女性かでかなり変わってくると思います。男性なら男心が、女性なら女心がわかるように、相談者の相手の気持ちも言葉にしやすいでしょう。ちなみに、今に限った事ではないですが、女心も男心もわかる占い師も活躍しています。どちらの気持ちも感情も理解できるのは、特異で恋愛相談の時は渇望される才能です。その他にも、そのサイトでの鑑定実績数や口コミ数、ブログ、つぶやきなど…情報量の多い電話占いサイトだと、全占い師を見るのもその中から選ぶのもかなり大変になってきます。

なのでここからは、「占い初心者の既婚者で相談内容は“片思い”」つまり不倫・浮気の一歩手前の状態、という悩みを抱えた女性という設定で、失敗が少ない選び方だろうという例を挙げたいと思います。

もちろん“例”です。流れを説明する為のものであって、ガイドライン的なものではありません。

先ず注目すべき点は、占い師さんの顔とプロフィール。顔やプロフィールを見て受ける印象というものはなかなか大事です。ここでの印象は鑑定での「受け取る側の姿勢」に影響します。もちろん、オーラなどスピリチュアル系が好きなら顔で直感的に決めてしまっても間違いではありません。

そしてプロフィール文章。たまに「否定しません」や「自分らしく」という言葉がプロフィールに書かれていたりします。この文章を見た時の感じ方で決めるのもアリだと思います。

そして次に口コミです。ここでは最初に受けた印象との差を確かめましょう。特に片思いの相手との鑑定結果と、その鑑定結果を受け取った人の鑑定後の行動やレスポンスに注目してください。占いが当たる当たらないに重きを置くのもいいですが、相談した人がその占い師の鑑定でどう変わったかが分かるレビューが一番参考になるレビューだと思います。しかし、口コミ・レビュー等で書かれているのは大体が「うれしい声」です。なぜうれしい声ばかりなのか…これは『電話占いのデメリット』で説明した理由だと考えた方が良いでしょう。レビューを書く利用者はそれを大体理解しているので、口コミを読む時はよ~く読んでかみ砕いて理解に努めた方が良いかもしれません。

そして占い師の実績も確認しておきましょう。特に「不倫に強い」や、「片思い」「相手の気持ち」についての実績が書かれていて、それが自分の納得いくものだったら、その占い師を選んで間違いないと思います。占い歴はもちろん、占い件数まで表示されているサイトがあるので、ベテランが好みならここは外せませんよね。

電話占い鑑定

占い師を選び終わったらいよいよ鑑定です。

ここで鑑定の前に用意しておくと便利なものを挙げておきます。

  • 『時計』

    時間を忘れ話し込んでしまっても、時間を無視できないようになるべく大きく視界に入るものにしましょう。

  • 『メモ』

    メモは、メモです。人によってメモの取り方は違うと思いますが、鑑定の時のコツとしては、少し大きめのメモを用意し、自分、相手、旦那など、関係する人の数だけあらかじめ線を引いて分割しておくと整理しやすいかもしれません。

  • 『嗜好品』

    驚いたりテンションが上がったりした時に握り締める物、または厳しい事を言われた時に落ち着く為のモノです。お茶やお菓子、アロマグッズもこれに含まれます。

その他、便利なもの意外にも占い師から指定されたモノがあればそれも用意しましょう。メモや嗜好品は無くても大丈夫だと思いますが、時間だけは気にしましょう。どんなに良い鑑定を受けることができても思わぬ値段で気分が下がってしまってはもったいないです。

そして実際に鑑定を依頼する時、ここから占いサイトによって違うのですが、大体がお問合せから占い師さんに回線が転送され鑑定に切り替わるか、占い師から掛かってくるのを待つか、です。繋がった瞬間から料金が発生するところがほとんどなので、時間は有意義に使っていきましょう。

そして占い師さんとの話が終わり電話を切ればそこで鑑定は終了です。語弊を恐れずに書けば、占い師は普通の視点ではない考え方、感じ方もするため「少し変わり者の人が多い」と言われています。しかし、鑑定をした人からレビューや感想などのフィードバックを貰って嬉しく思わない占い師はほとんどいないと思います。鑑定後、もし感想やお礼を伝えたいなど思うところがあれば、たった一言だとしてもなるべくレビューを書くようにしましょう。もちろん「ココはちょっと違った」などもアリだと思います。しかし占い師を全否定する内容が載るか載らないかは微妙ですが、電話占いサイトによってはレビューを非公開で投稿できるので、その機能を使えば公にしたくないことも書けると思います。

電話占い鑑定料金の支払い

電話占いの料金支払いについてですが、支払いの方法は、銀行振り込み、クレジット払い、ウェブマネーなどが利用できます。送金先やコンビニ端末の操作など、詳しくはそのサイトの「料金・支払い」「支払方法」「ご利用ガイド」「料金案内」などの項目を見れば説明がされているはずです。また、Yahoo!や楽天などには便利な貯まるポイントがありますが、サイトによってはそれが使えます。ちなみに、そういうポイントが使えるサイトは昔から占いコンテンツを作っているところだったりするので老舗が多いも特徴でしょうか。

少し豆知識なども加えて雑多になってしまいましたが、電話占いを利用する場合、基本的にはこのような流れになります。

電話占いなどの占いは、つまるところ当たるか当たらないかが最も重要視されていますが、占い師から受け取れる情報の中には、当たる部分や外れる部分以外にも、自分にとってプラスになる情報も含まれています。

そういう情報を聞き漏らさないよう電話占いの流れを理解して余裕を持って使うことが出来れば、“良い鑑定”を受けることが出来ると思います。

“誰でも使える電話占いサイト”

特に「最初はこのサイトを選ぶべき」「他でハズレてもここなら!」という実力の電話占いサイトをご紹介します。

電話占いサイト散布図

この3サイトを含め当たる人気の電話占いは選びきれないほど沢山あります。なので、特に人気の電話占いサイトの中から、その特徴や強味がわかるように大まかな項目の散布図を作ってみました♪