› 電話占いご利用時の注意点 鑑定編

Tel Ranking

電話占いご利用時の注意点 鑑定編|Tel Ranking ― 電話占い口コミ・総合ランキング

《 7月28日 更新 》
占い師人気ランキング

  1. ピュアリ

    神女先生

  2. ウィル

    天河りんご先生

  3. ピュアリ

    京子先生

- 電話占いご利用時の注意点 鑑定編 - Tel Ranking ― 電話占い口コミ・総合ランキング

実際に鑑定する時、余裕を持って何を話すかなど準備ができていればいいのですが、「思い立ったが吉日!」的な勢いで電話占い鑑定をお願いする場合などもないとは言い切れませんよね?そんなドタバタしているときでもこれだけ注意すれば失敗しない!&良い鑑定が受けられる!という項目をご紹介します。

鑑定の時の注意点

ほとんど、これまでの電話占いの基礎から説明してきたことのまとめになりますが、わかりやすく端的に注意点をまとめます。

スムーズに事を運べば、何も問題は無いはずですが、安心して鑑定を受けるにはあらかじめ不安材料を取り除くことも必要です。

時間の余裕を持つ

初めて利用するときは、その電話占いサイトのシステムや慣習を熟知していない状態なのでそれを飲み込むまでに時間がかかるのと、受付でのやり取りに時間がかかったり、鑑定に入った後、占い師に悩み事を説明するのに時間がかかってしまったりすることが往々にして多い様です。

何度も書いていますが、電話占いは鑑定の時間で料金が決まります。

なるべく鑑定時間を短くするために、説明を端的に短くしたいところですが、焦りすぎるとうまく伝わらない事があるかもしれません。占い師さんは感受性の強い人達ばかりなので、何を言いたいのか言葉足らずでもなんとなく理解してくれるとは思いますが、物事を説明する時のピースはなるべく揃っていた帆ぐあいいですし、焦って意味を言い間違えてしまったら、「本音と違う事を言いたいのかな?」となってしまいます。こういう細かいズレを少なくするためにも時間に余裕を持ってリラックスした状態で鑑定を受けられるようにしましょう。もちろん頭をフル回転させる必要もあると思いますので、頭の中も整理しておくと良いでしょう。

高額な鑑定料にならないように

時間にはシビアになりましょう。

受付や占い師さんにあらかじめ「○○分でお願いします」的なことを伝える事は大切です。

鑑定中でも自動で回線を切る機能が無い場合は占い師の言葉に被せることになってしまうとしても、限界の時間が来てしまったことを断ってから切りましょう。

いわゆる「ガチャ切り」は、一期一会でもちょっと寂しい気持ちが残ってしまいます。

また、例えば「5分でお願いします」という場合、悩み事の説明に4分もかかったら…1分ではさすがにプロの占い師も困ると思います。

出来る占い師は出来るかもしれませんが、1分の間に占い、残りの時間で伝えられる言葉数には限界があります。

もちろん悩みや相談内容によっては5分も必要ない場合もあるでしょう。しかし、時間を短くする為に内容を薄くするのは避けた方が良いでしょう。

内容と時間、バランスが大事ですが、あらかじめ優先順位を決めておくと楽に臨機応変な対応が出来ると思います。

ハズレても料金は返ってこない

何度も書いてしまいますが、料金は占い師との通話時間で決まります。

なので、料金と当たりハズレは関係ないのです。

「当たる」「ハズレる」の“許容範囲”は人によって様々なのですが、鑑定中に「おや?会話が全く噛み合わないぞ?」と感じたり、「何しゃべってるか全くさっぱり」「急に無言になったけど、今って何待ち?」「なにこれ。説教というより叱責だよね?」「スャ…スャ…zZZって!寝息!?寝てるの!?」という状況になったりした場合、すぐに電話を切ってサポートセンターや受付の方に状況を確認してもらいましょう。

占い師の中には、トランス状態に入ると会話が一時的に中断してしまう方もいるので、これらの状況になった場合は早く切った方が良い。という事は一概には言えないのですが…事前に説明も無くそうなるのはやはり…。

なので、混んでいる占い師だと再鑑定が面倒になってしまいますが、相性が合わないと感じたり鑑定を続けたくないと思えば、電話を切る勇気も必要です。

“誰でも使える電話占いサイト”

特に「最初はこのサイトを選ぶべき」「他でハズレてもここなら!」という実力の電話占いサイトをご紹介します。

電話占いサイト散布図

この3サイトを含め当たる人気の電話占いは選びきれないほど沢山あります。なので、特に人気の電話占いサイトの中から、その特徴や強味がわかるように大まかな項目の散布図を作ってみました♪