› 電話占いをスムーズに利用する方法

Tel Ranking

電話占いをスムーズに利用する方法|Tel Ranking ― 電話占い口コミ・総合ランキング

《 9月26日 更新 》
占い師人気ランキング

  1. ピュアリ

    神女先生

  2. ウィル

    天河りんご先生

  3. ピュアリ

    京子先生

- 電話占いをスムーズに利用する方法 - Tel Ranking ― 電話占い口コミ・総合ランキング

手軽に早く問題を解決へと導いてくれる電話占いですが、鑑定の時間をなるべく短くしたり、人気の占い師さんの鑑定を待たずに利用したいなど、色々とコツが必要になることも多いです。ここでは、そのコツに使えそうな情報を紹介したいと思います。

スムーズな鑑定の為に必要な事

物事の流れをスムーズにする方法はいろいろとありますが、一つメジャーな方法として「無駄を省く」という方法が挙げられます。これは電話占いでも使えると思います。

しかし、『主な利用の流れ』でも説明した通り、電話占いは「サイトに登録」「占い師を選ぶ」「鑑定」そして「支払い」が主な流れで、稀に登録が不要な電話占いサイトもありますが、おそらくこの流れからはこれ以上何も省けません。先に結論を言うと、何も選ばずにサポートセンターの方に占い師を紹介してもらい、鑑定をお願いするのが「早さ」としては一番早いです。しかし、その時どんな占い師が待機していて、どの占い師が紹介されるか…ギャンブル的な感じになってしまいます。

なので、支払いは鑑定の後にするとして、占い師の選び方が鑑定までのスムーズな利用に大きく影響してくると思います。

そしてスムーズな鑑定の為に必要なことも占い師によって違いますので、プロフィールなどに詳しい鑑定方法や生年月日が必要かどうかが書かれていないかチェックしてみましょう。

鑑定を受けるまでをスムーズにする方法

簡単に言ってしまえば「予約」することです。

しかし、電話占いの予約はカラオケように「○○時から××時まで」というような予約方法ではありません。

電話占いサイトに掲載されている占い師のスケジュールには、予約できる時間帯が表示されていますが、電話占いの予約はそこの時間帯での順番待ちの事です。そして基本的に電話占いの鑑定は相談者が電話を切るまで終わりません。つまり、例えば15時から待機する占い師の鑑定を予約する場合、一番手で予約することが出来れば、15時から鑑定を受けられるのですが、二番手だと一番手の相談者の鑑定が終わるまで待たなくてはいけません。それに予約しない場合は優先順位がどんどん後に回されてしまいます。また、待機が15時から16時までの1時間と短く前の相談者の鑑定が待機時間内に終わらなかった場合、予約は無効になることが多いです。もちろんその場合はキャンセル料などは発生しないはずですが、待った時間がもったいなく思えてしまいますよね。なので鑑定を受けるまでをスムーズにするならこの待ち時間を短くしたいところです。

サイトによっては予約の優先順位を上げてくれるような特典を用意している電話占いサイトもあるので、そういうサービスがあればとことん使うほかありません。

ちなみにこれは人気で行列が出来るような占い師の場合です。もし、選んだ占い師がたまたま空いていたらスムーズに鑑定が受けられると思います。

しかし、行列ができるような人気の占い師さんは、占い初心者でも「良い鑑定を受けることが出来た」と納得させる実力があると思いますので、最初はちょっとくらい待ってもそういう占い師を選んだ方が結果的にスムーズに良い占い鑑定を受ける事が出来るかもしれません。

スムーズな鑑定の為に出来る事

これは事前に準備しておけば、鑑定がスムーズになる。という方法です。

鑑定に必要なものがあればプロフィールページに「重要な項目」として何が必要か書かれているのでそれを準備しておきましょう。

大体の場合、自分や相手の生年月日(できれば時刻も欲しいところ)と名前があれば大丈夫です。出来る事なら、選んだ占い師が使う占術を調べ、当たる確率や精度を高める為に相談者が用意するべきものがあればそれを用意しておくと良いです。しかし、現在電話占いサイトなどで掲載される「占い師が使用する占術」はメジャーなもので約40種類以上。その中から派生したり分派した占術があったりすると、無数にあるので調べるのは厳しいです。しかも調べても詳しい事がわからない占術はざらにあります。

そこで、視点を少し変えて占術を大きなジャンルで分けると「命・卜・相」+「霊感」に分けられる。と言われています。簡単に説明すると、「命」は12星座占い、「卜」はタロット、「相」は手相が分類されます。ちなみに「霊感」に関しては一般的に相談者側は準備するものは無いと言われているので詳しい事は割愛します。

さて、電話占いでよく使われるのは「命」と「卜」です。「命」は生まれた日の星の位置が基になっています。「卜」は道具を使いその道具から答えを導き出します。つまり、相談する内容で関係のある人の生年月日があれば事足りる場合がほとんどです。しかし四柱推命は、「年」「月」「日」「時」を柱に答えを導き出します。つまり、生年月日だけでは足りないのです。生まれた時間は親に尋ねるか母子手帳、または自分の出生届を自分で確認しに行かなくてはいけません。ちなみに出生届は保存期限があるらしくそれを過ぎると場合によっては処分されるそうです。また、「卜」は基本的に道具を使う占術なのですが、「なんでもかんでも“道具”にしてしまう」という例がいくつかあります。その中には旅行すると良い方角や引っ越し先を決める占術「方位学」や「風水」などがあります。この占術を使う場合は、住んでいる地域や、過去に住んでいた場所など、細かい情報が必要になる場合があります。住所までは必要ないかもしれませんが、例えば「東京」よりも、「東京の神楽坂を下ったところの東向きの1R」や、「東京新宿区神楽坂○丁目」ぐらい細かくないと占えない場合があるので、この辺も説明できるようにしておくと時間短縮につながるでしょう。

鑑定をスムーズに進める方法

ハッキリ言ってしまえば、鑑定中に鑑定をスムーズにする方法はあまり無いです。

占い師に伝える情報を少なくするような「余計な部分を省く方法」は、重要な部分を省いてしまう可能性があるので避けた方が良いでしょう。なので、鑑定中に出来る事と言えば、占い師との会話でなるべく素直でいる事。考えながら、何か目的を持って話を組み立てながら、ではちょっと時間をロスしてしまいます。

占い鑑定の段階は大きく分けて「相談内容を伝える」「占う」「鑑定結果を伝える」の3つ。占い師によっては、綺麗に三段階に分けず会話をするように何度もこれを細かく早く繰り返す占い師もいます。どちらにしても、占い師に伝える相談内容をメモなどを活用してなるべく整理しておくことや、受け取った鑑定を聞き直さないようにメモを取るなど、出来る事は全てした方がよさそうです。ちなみに鑑定結果の受け止め方ですが、これは一番大事な部分なので、疑問に思ったらたとえ『鑑定を短くするために貯めた時間貯金』を全て使ってしまったとしても納得のいくまで占い師に問いかけた方が良いです。

“誰でも使える電話占いサイト”

特に「最初はこのサイトを選ぶべき」「他でハズレてもここなら!」という実力の電話占いサイトをご紹介します。

電話占いサイト散布図

この3サイトを含め当たる人気の電話占いは選びきれないほど沢山あります。なので、特に人気の電話占いサイトの中から、その特徴や強味がわかるように大まかな項目の散布図を作ってみました♪