› 電話占いで実際にあったトラブル

Tel Ranking

電話占いで実際にあったトラブル|Tel Ranking ― 電話占い口コミ・総合ランキング

《 9月26日 更新 》
占い師人気ランキング

  1. ピュアリ

    神女先生

  2. ウィル

    天河りんご先生

  3. ピュアリ

    京子先生

- 電話占いで実際にあったトラブル - Tel Ranking ― 電話占い口コミ・総合ランキング

電話占いの利用で起こった実際のトラブルや、巻き込まれてしまった時の対処法、事前に防ぐ方法などを説明していきます。

実際にあったトラブル

【先払いでのポイント購入の促し】

先払いを促され、購入後に会社と連絡が取れなくなる場合や、占い師の待機がなかったり、予約が取れない場合です。

ポイントは一度購入してしまえば払い戻しができないので、支払方法が先払いのみの会社は事前にしっかり下調べをしましょう。先払いだと多めに付与ポイントが付いたりなどお得な場合もあるので、まずは無料鑑定や少しの時間利用してみるのもいいかもしれません。

【無料鑑定の細かい規定・条件】

ほとんどの会社に初回無料鑑定が付いていますが、会社によって細かい規定や条件があります。よく読まずに特典に釣られて利用しトラブルになることがありました。

実際に起きた例では、携帯電話を二台持ちしている人がそれぞれの携帯で登録をし無料鑑定を受けたあと、会社側にその事実が発覚し不当な金額を請求されるというものでした。

この場合架空請求の可能性が高いですが、トラブルの原因となるので無料鑑定を受けるのは"一人一社一度まで"にしておきましょう。

【引き延ばし】

事前にポイントを購入していた場合、占い師側も持ち時間を把握している為それに合わせた鑑定をしてくれます。後払いの場合、利用した時間分だけ後から請求になるので引き延ばし行為をする占い師がいます。

なぜなら、占い師の給与は1分単位の分給だからです。

引き延ばしとは、わざとゆっくり話したり、脱線したり、肝心な聞きたいことをなかなか答えないなど、無駄に時間をかける行為です。違和感を感じたらはっきり伝えた方がいいです。料金を支払うのはあなたなのです。

【直接やりとりの誘い】

"あなただけ特別""安い料金で"など、お互いが得をするような誘いをしてくる方がいます。どの占い会社も会社を通さない直接やりとりは規約違反になっています。それが発覚しクビになった占い師も少なくありません。

直接のやりとりで起こったトラブルは自己責任になり必ず損をします。こういった誘いがあった場合は所属会社に報告をしましょう。

【物品購入を勧められる】

鑑定を受けた際に、"運気が下がっている""これを身につけないと悪いことが起きる"などを理由にお守りやパワーストーンの購入を促されたらハッキリ断りましょう。

購入してから、何の変哲もない市販のストーンを高額で転売していただけだったということもあります。

トラブルにならないために

【HPを隅々までチェックする】

サイトは雑誌と違い広告表現の規制がなく、修正も容易にできます。この前まで○○円だったのに、今は料金が全然違う!などといった事もあります。

少しでも疑問があるうちは納得できるまで問い合わせをしてみましょう。ホームページの内容が修正されたら分かるように、大事な部分はスクリーンショットや保存しておくといいです。

【利用前に確認すべき事項】

『イメージに左右されないようにする』にも書いたように、利用する前に確認しておくべき項目があります。しっかり確認し理解したうえで利用しましょう。

【料金価格=占い師の質ではない】

会社によって価格は差がありますが、決して安かろう悪かろうではありません。料金が高い=人気占い師のイメージがありますが、高くても鑑定歴が浅かったり実績がない占い師もいます。

【利用明細を発行してもらう】

どれくらいの利用時間でどれくらいかかっているか把握し誤差がないようにするためです。

個人情報やプライバシー保護の問題で発行していないところもあるようですが、ちゃんとした会社なら快く対応してくれるはずです。

【振込明細は保管しておく】

先払い後払いに限らず振込明細書は保管しておきましょう。振り込んだのに確認されていなかったり、支払ったあとに起こるトラブルが多いので、大切な証明となります。

チェックするポイント

トラブルが起きてしまったら解決策を探す他ありませんが、極力未然に防ぎたいもの。そこで独自に判断した『本当に優良なサイトか』を見分けるポイントを紹介します。

■利用者の口コミ

実際にその電話占い会社を利用した事のある人のリアルな意見を聞くのが確実です。ですがネット社会である今、誰でも自由に書き込めるので何が事実なのか慎重になる必要があります。

■営業年数・実績

設立してからどれくらいの年数が経っているのか、過去や現在にどの程度の実績があるのか。営業年数が長くても実績がなければ意味がありません。

■運営会社

大元となる運営会社が有名企業や上場企業だとサポート体制もしっかりしており設立したばかりで実績が少なくても安心できます。

■特商の有無と内容

「特定商取引法に基づく表記」は、通信販売では掲載が義務付けられている消費者に対しての証明でもあります。特商内の項目では、事業者(または責任者名)・住所(表記の住所に会社が存在しているか)・電話番号(使われている番号であるか)を併せてチェックしてみましょう。

■お問い合わせ先

メールまたは電話でのお問い合わせ先が記載されているか、大切なポイントです。もしも利用した際にトラブルが起きたり質問したいことがあったら、ちゃんとした会社なら対応してくれるスタッフがいるはずです。

■誇大広告表現

"絶対に当たる""的中率100%"など、誇大表現をしているサイトはやめた方がいいです。占いは悩み解決への道筋を作ってくれるものであり、病院のような医療ではありません。的中率が高い占い師がいるのは事実ですが、絶対や必ずと言い切ることは誤解を招くので法律でも禁じられています。

■過去のトラブル

その電話占いサイトと運営会社が過去に何かトラブルを起こしていないかを調べてみましょう。

■料金の表示

実際にかかる料金の詳細表示がされているか。先払いか後払いか。曖昧な表記で後から高額を請求された例もあります。

先払いは利用者にとってリスクがあること、鑑定料金以外に通話料がかかるサイトもあるので注意しましょう。

■メディアへの露出

過去や現在にメディアへの出演経験があるかどうかも判断材料になります。

■占い師の在籍人数

厳選採用により在籍数が多くないところもありますが、占い師の数が数人のところよりも、在籍数が多く不定期ながらも新しい占い師がデビューしているところの方が会社としての鑑定実績は豊富だと思います。

■占い師の待機スケジュール

「予約受付中・待機中・鑑定中」など、占い師の待機状況が記載されているサイトはスケジュールも組みやすく利用しやすいです。

■占い師の顔写真の有無

元々顔が見えない電話占いとはいえ、イラストや風景画の占い師は何となく入るのに躊躇ってしまいます。人気の占い師はみんな顔写真が掲載されています。

■営業しているか

検索したら出てきたけど、そもそも営業しているか不明なサイトがあります。サイト内を見てみて、お知らせ・SNS更新など日付に関連する部分をチェックしましょう。

“誰でも使える電話占いサイト”

特に「最初はこのサイトを選ぶべき」「他でハズレてもここなら!」という実力の電話占いサイトをご紹介します。

電話占いサイト散布図

この3サイトを含め当たる人気の電話占いは選びきれないほど沢山あります。なので、特に人気の電話占いサイトの中から、その特徴や強味がわかるように大まかな項目の散布図を作ってみました♪